SMBCモビットでお金を借りる

⇒SMBCモビットの公式HPはココ

 

 

SMBCモビットのカードローンに申し込む上で気になるのが在籍確認ではないでしょうか?

基本的にどの金融業者でも在籍確認はありますので、やはりSMBCモビットでも在籍確認は行なわれるのでしょうか?

また、在籍確認の方法は電話連絡のみなのか?

それ以外の方法は無いのか?ということも気になるところですね。

今回はSMBCモビットの在籍確認について解説していきたいと思います。

 

SMBCモビットは在籍確認の電話連絡が勤務先に来る!

カードローン審査の中で必ず行なわれるのが在籍確認です。

申告された勤務先に電話をかけて申し込み者が「その会社に本当に在籍しているか?」の事実確認をする作業を在籍確認といいます。

残念なことに、申込者の中には過去の勤務先や嘘の勤務先情報を申告される方もいますので、SMBCモビットで在籍確認は必須となります。

更に在籍確認を行なうことで。申し込み者がその会社に在籍していることだけでなく「おおよその年収」も確認することが出来ます。

最近のカードローンは、年収の申告こそするものの収入証明書の提出は基本不要となっています。

収入証明書を提出しないでも大丈夫なのは「プロの審査官」たちによって、勤務先や役職から大体の収入額を推測することができるからなのです。

在籍確認の方法は基本的に電話連絡となり、これはSMBCモビットでも例外ではありません。

申告された勤務先の電話番号にSMBCモビットの担当者が電話をかけて在籍確認を行います。

職場の人達に「SMBCモビットから借金していることがバレるかもしれない」と、勤務先に在籍電話確認されるのを嫌がる方も少なくありません。

確かにその気持も分からなくもないですが、基本的にSMBCモビットの在籍確認によって借金バレするようなことは先ず無いと思ってよいです。

SMBCモビットでは利用希望者の事情に周囲にバレないよう対応してくれます。

SMBCモビットでは、会社名は名乗らず担当者個人名で電話しますし、万が一他の従業員が電話に出ても用件を伝えるようなことは絶対にしません。

これは法律に則った行為で、第三者に借金している事実を伝えてはいけないとされているのです。

万が一用件を聞かれても、SMBCモビット側で上手く誤魔化してくれるでしょうから安心してよいでしょう。

ちなみにSMBCモビットの在籍確認は申し込み者本人が電話に出なくても問題ありません。

本人が不在であれば他の従業員が「只今席を外しています」等と対応してくれるでしょうから、これでSMBCモビットの在籍確認は完了となります。

また、本人がSMBCモビットの在籍確認電話に出たとしても、その場でカードローンの説明をされたり、本人確認のために住所や電話番号を聞かれるようなこともありません。

⇒SMBCモビットの公式HPはココ

 

「在籍確認なし」はできないが「電話連絡なし」は可能

SMBCモビットの在籍確認で職場の人達に借金バレすることはまずありません。

ですので安心して良いといえます。

ですが、そうは言っても「やっぱり在籍確認は電話以外でして欲しい」という人は一定数いるでしょう。

中には「借金バレが嫌だ」という理由ではなく、「個人名の電話だと応じない会社に勤務している」「会社が休みで電話応対が出来ないけど、即日でお金を借りたい」といった理由で、電話以外で在籍確認を希望する方もいます。

在籍確認はどの金融業者も基本的には電話連絡ですが、実は一部の金融業者では別の方法でも在籍確認をしてくれるところがあり、SMBCモビットもその内の1つなのです。

内緒でキャッシングしたいという要望に応えるべく、用意されているのがSMBCモビットのweb完結申込です。

SMBCモビットのweb完結申込み方法は「通常のweb申し込みと同じ」ですが、必要書類や条件は増えてしまいますので、その点は注意が必要です。

しかもSMBCモビットのweb完結申込の場合、内容に一切不備がなければ本人確認の電話すら省略することが可能です。

SMBCモビットのweb完結は口座振り込みとなりますのでローンカード発行は無く、契約書類やSMBCモビットでの利用明細も自宅に送られてくることはありません。

SMBCモビットのweb完結申込であれば在籍確認は書類で行なわれます。

ですので勤務先へSMBCモビットから在籍確認の電話連絡こないので、借金バレが心配な方や都合によって電話連絡が難しい方でも安心です。

では、SMBCモビットのweb完結申込を利用する必要な書類や条件について見ていきましょう。

通常の申し込みであれば本人確認書類と収入証明書の2点のみでOKです。

ですが、SMBCモビットのweb完結申込の場合はこれにいくつか必要条件がプラスされます。

提出書類が増えますが、何もわざわざ役所に取りに行かなければいけないような面倒な書類ではありません。

基本的にはお仕事をされている方であれば、すぐに用意できる書類ばかりです。

SMBCモビットのweb完結申込で用意するものは「指定銀行の普通預金口座、所得を証明する書類、社会保険証若しくは組合保険証」などです。

指定銀行とは「三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行」のいずれかとなります。

本人名義でないと認められませんので注意してください。

上記2つ以外の銀行口座はSMBCモビットのweb完結申込では対象外となりますので、お持ちでない場合は残念ながらSMBCモビットのweb完結申込は利用できないということになります。

所得を証明する書類は「源泉徴収票や給与明細直近2ヶ月分」等です。

賞与明細もあれば、併せてSMBCモビット提出したほうが審査はスムーズに進みます。

最後に保険証です。

これはSMBCモビットのweb完結申込では「社会保険証か組合保険証のいずれかのみ」が対象となります。

自営業の方は国民健康保険に加入されているかと思いますので、残念ながらその場合はSMBCモビットのweb完結申込は利用不可となります。

あくまでも勤務の証明となるものでないといけません。

普通に企業に勤めている方であれば、特に問題はないでしょう。

SMBCモビットのweb完結申込の利用条件をまとめますと、いずれかの指定銀行口座+所得証明書+社会保険証。

上記の条件を満たさない場合は、SMBCモビットのweb完結申込を利用することは出来ませんので注意してください。

その場合は通常のweb申し込みか、SMBCモビットのローン契約機での手続きとなります。

SMBCモビットの場合、web完結申込以外で「在籍確認の電話なしで融資を受ける方法」は用意されていません。

条件的にかなり厳しいといえます。

⇒SMBCモビットの公式HPはココ

 

SMBCモビットからの電話連絡で職場にバレない?

上記で説明しました通り、SMBCモビットのweb完結申込は利用条件が厳しいため、利用出来ないという人が多いのではないでしょうか?

残念ながらSMBCモビットのweb完結申込以外で、在籍確認の電話連絡なしでキャッシングする手立ては、SMBCモビットにはありません。

仕方ありませんが、その場合はSMBCモビットで在籍確認なしでキャッシングすることは諦めるしかありません。

SMBCモビットに勤務先への電話連絡で在籍確認してもらうしか無いでしょう。

繰り返しになりますが、在籍確認の電話によって職場に借金バレすることは、まずありません。

では、具体的にどのような感じでSMBCモビットの在籍確認は行なわれるのか見ていきましょう。

■SMBCモビット担当者「もしもし、私、佐藤と申しますが本日田中様はいらっしゃいますでしょうか?」
SMBCモビットでは会社名は名乗らず担当者の個人名で電話してきます。
在籍確認時に申し込み者本人が勤務先にいる場合は、そのまま電話を代わります。

■SMBCモビット担当者「田中様でしょうか?」
●申し込み者本人「はい、そうです」
■SMBCモビット担当者「私、佐藤と申します。個人名で失礼しました。今回お申し込みいただきましたSMBCモビットの佐藤と申します。こちらで在籍の確認が取れましたのでご安心くださいませ」

本人が電話を取り次いだ場合は、上記のような感じでSMBCモビットの在籍確認は完了となります。

特にその場でローンの説明などはありません。

次に「申し込み者本人が不在の場合の在籍確認電話」についてです。

●他の従業員「佐藤は只今、席を外しています」
■SMBCモビット担当者「そうですか分かりました。ではまた後ほど電話します」

内容は若干異なるかもしれませんが、これで在籍確認完了となります。

用件を伝えることはありませんし、万が一聞かれても応えることはまずありませんので、安心してよいでしょう。

とは言え、個人名での電話となると周囲は怪しむことは少なからず考えられます。

もし聞かれた場合は「クレジットカードを作ったので・・・」と言った感じでごまかすのが1番でしょう。

⇒SMBCモビットの公式HPはココ

 

SMBCモビットは土日でも在籍確認はあるの?

SMBCモビットは土日も営業していますので、即日でお金を借りる事が可能です。

但し、ここで注意したいのが「土日の在籍確認」です。

土日は勤務先が休みとなるケースが多いかと思いますが、そうなると当然、電話連絡による在籍確認は出来ません。

在籍確認は申込者の返済能力を図るための重要な作業ですから、SMBCモビットでは省略することは出来ません。

在籍確認が取れないことには、SMBCモビットから融資を受けることは出来ません。

SMBCモビットのweb完結申込なら書類にて在籍確認対応してもらうことが出来ます。

ただ、ここで注意したいのが「SMBCモビットのweb完結申込は融資方法が口座振り込み」ということです。

銀行の振り込みが当日中に反映されるのは「銀行の営業時間内に行なわれた振込手続きのみ」です。

土日に営業している銀行はネット銀行ぐらいですから、SMBCモビットのweb完結申込によって在籍確認を書類でクリア出来ても、実際に口座に反映されるのは休み明けになる可能性が高いです。

つまり、土日休みの会社に勤務している方は、SMBCモビットで即日融資を受けるのはかなり厳しいといえます。

他の金融業者では事情を説明すれば書類提出で対応してくれますが、SMBCモビットはweb完結申込以外の通常申込でも「書類のみで在籍確認してくれるか?」は難しいでしょう。

土日も会社が休みでないというのであれば、SMBCモビットのローン申込機にてローンカード発行すれば、当日借入は可能です。

しかしそうでない場合は、SMBCモビットで即日でお金を借りるのは難しいといえるでしょう。

ダメ元で通常申込でも書類で在籍確認できないかを、SMBCモビットのローン担当者に相談してみると良いでしょう。

⇒SMBCモビットの公式HPはココ

 

派遣社員はSMBCモビットの在籍確認連絡先に注意!

最近は不景気の影響で正社員ではなく「派遣社員や契約社員」という雇用形態を選ばざるを得ない人も少なく無いです。

正社員に比べると収入は少なくなるケースが多いですから、SMBCモビットのカードローンの利用を検討している方もいらっしゃるでしょう。

派遣社員や契約社員でもSMBCモビットで借り入れすることは可能ですが、気をつけたいのが「SMBCモビットからの在籍確認時の連絡先」です。

派遣社員の場合、SMBCモビットの在籍確認はどうなるのでしょうか?

派遣社員は派遣会社と雇用契約を結んでいますから、大元である派遣会社に電話連絡が行くにようにする必要があります。

一般企業の正社員であれば、勤務先に電話連絡が行くにようにするようにするのが普通です。

ですが、派遣社員や契約社員の場合は「大元の派遣会社」に電話連絡が行くようにしなければいけませんので、間違えないよう注意しましょう。

当然ながら派遣社員は派遣先に勤務していますので、SMBCモビットからの在籍確認の電話にでることは出来ません。

在籍確認は本人が出る必要はありませんが、予め派遣会社に電話が来ることをSMBCモビットに伝えておいたほうが良いです。

会社によっては「個人を名のる相手には対応してくれないところ」もあり、そうなるとSMBCモビットの在籍確認をクリアできず審査落ちになってしまう恐れがあります。

ですので、必ず派遣会社にその旨は伝えておくようにしましょう。

場合によっては、本人確認の電話の際に「勤務先の電話番号」をSMBCモビットに聞かれることもあります。

その場合は普通に勤務先の電話番号を伝えれば問題ありません。

この辺りはSMBCモビット担当者の裁量で決まりますので、必ずしも勤務先の電話番号を聞かれるわけではありません。

⇒SMBCモビットの公式HPはココ

 

SMBCモビットの在籍確認でアリバイ偽造会社を使うのは危険!

SMBCモビットの在籍確認をクリアしたいからといって「アリバイ偽造会社」を利用するのは絶対に止めましょう。

無職の方や働いているけど勤務先を教えたくないという方も中にはいらっしゃいます。

そのような方の中には「勤務先を偽って申告される方」も少なからずおり、そのためにアリバイ偽造会社を利用しています。

繰り返しになりますが、この手のサービスは絶対に利用しないことです。

要するに虚偽の申告となるわけですから、法律に違反する可能性が考えられます。

偽造会社とは、「その会社に実際に働いていない人を働いているかのように見せかけるサービス」を提供している会社のことです。

アリバイ会社や偽造会社と呼ばれることが多いです。

最近の偽造会社はペーパーカンパニーを復数抱えていて、利用者がその中か好きな業種や職種を選べるようになっていることが多いです。

偽造会社のサービスには電話応対や給与明細など、収入を証明する書類の発行です。

これらを利用してカードローンやキャッシングなどの在籍確認をクリアしようと言うのです。

偽造会社へ登録すること自体は違法ではありませんが、使いかたによっては法律に違反する可能性が出てきます。

今回のように、SMBCモビットのカードローンやクレジットカードに申し込む等がそれに該当します。

この場合は詐欺未遂罪となり、それによってローン契約してした場合は詐欺が成立します。

詐欺罪および詐欺未遂罪の量刑は10年以下の懲役です。

更にこれによって金融業者に損害を負わせた場合は、損害賠償請求される可能性もあります。

他にも偽造会社には様々なリスクがありますので、絶対に利用しないでください。

⇒SMBCモビットの公式HPはココ